東京の不用品回収の歴史を探る

東京の不用品回収の歴史を探る

東京において不用品回収とはいつ頃から行われていることなのでしょうか。

実は江戸時代よりも前から始まっているそうです。

江戸時代の暮らしは現代よりしっかりしたリサイクル社会であり、現代のように「ゴミを減らして自然を守る」という考え方ではなく「最後まで大切に使い切る」という考え方だったようです。

その代表的な職業として「紙屑買」というものがあります。

これは、天秤棒を担いで家を回り、不用品回収をしたり使用済みの不用になった紙や台帳などを秤にかけて買い取り古紙問屋に売ったりする職業だったそうです。

古着や古鉄も買取りをしてくれ、紙は再生紙として利用され、古着なども修理して売られていたそうです。

また「紙屑拾い」という人もいて、肩に籠をさげ町中の紙屑を拾いあげ古紙問屋に売る「収拾人」だったそうです。

これは、紙屑買とはまったく別の職業だったようです。

日本人の「もったいないから大切に使用する」という精神は今もなお東京の人にも引き継がれており、江戸時代からのものだったことを知ることが出来ました。

東京での不用品回収と夢の島

リサイクル精神が精通していた江戸時代ですが、この時代でもどうしてもリサイクルできないゴミというものもあり、ゴミ処理についてはかなり重要な問題だったようです。

堀などに不法投棄が行われることにより、船の航行に支障をきたしたり、投棄されたゴミのせいで悪臭が発生したりすることもあったそうです。

不法投棄の問題を解決するために幕府は「芥改役」というのを設置し取り締まりをしていたそうですが、どこまで効果があったのかは定かではありません。

徳川家光の時代までは「会所地」と呼ばれる空き地にゴミを捨てており、近所の住民は悪臭やハエに悩まされていたそうで、これも廃止になったそうです。

そして、1655年にゴミ投棄場を指定し、江戸中のゴミがそこに集められ、ある所定の場所に不用品回収を行い船で持って行ったそうです。

東京の不用品回収を調べる

それが現代の東京都の江東区に処分場が集中しており、夢の島もゴミの埋め立て処分場の跡地とされています。

いつの時代でも不法投棄というのはあったようですが、東京では正規の方法で不用品回収を行い処分してほしいものです。